浦和聖書バプテスト教会

メインイメージ

一度教会へ来てみませんか?

浦和聖書バプテスト教会
教会はクリスチャンだけが行くのではありません。

ちょっと興味あるだけの方でも、求道中の方でも、教会に行ったことない方でも、ほかの宗派の方でも、どなたでも大歓迎です。お気軽にお越しください。


教会の場所、集会時間など、わからない事がございましたら、教会へお問い合わせください。

今週のメッセージ ( 2016年1月17日 )


《不従順を正当化する》(2)

 

こうしてあなたがたは、自分たちが受け継いだ言い伝えによって、神のことばを空文にしています。(マルコ7:13)

 

ここではコルバンという<しきたり>に注目してみたいと思います。◇今となっては何も分かりませんが、恐らく、神にささげることと両親を敬うこととが対峙してしまうような事態が生じたのでしょう。こんな場合どちらを優先するのが信仰的かとなると、人に従うより神、となります。しかしその結果、親を粗末にしたという後味の悪い思いが残ります。これを解消し、罪意識を軽減するために生まれたのが、コルバンというしきたりだった考えられます。◇主イエスは、当時のこういうしきたりを<神のことばを空文にしている>と指摘しておられるのです。こういったことは、いつの時代にも生じてきます。しかし、どんな理由があろうと不従順は不従順なのです。神のことばに従わなくてよい<しきたり>や<言い伝え>を絶対に作ってはならないのです。どんな理由があっても、それを不従順と受けとめる姿勢こそ、素直な、ありのままの姿勢と考えねばなりません。父母を敬わなくてよいという神の教えなどあろう筈がありません。神に従っているのだから人を無視してよいとなると、神の戒めを破っていることになるのです(12:28~31)。◇この課題は、私たちに当てはめれば、現実の社会生活と信仰生活との関わりとして捉えることもできます。我々日本のクリスチャンはユダヤ人以上に『自分なりのコルバン』を設けたくなってしまうのではないでしょうか。しかし結論から言うと、社会生活を犠牲にした信仰生活はないし、信仰生活を犠牲にした社会生活もあってはならないのです。ここに普遍的な課題があると言わねばなりません。苦しくとも、決してコルバンを設けて楽になってしまってはならないのです。
音声はこちら



初めての方へ


  • 入会手続きもなく、すべてが無料です。 
  • 集会で使う聖書や聖歌は、教会の備え付けがあります。聖書は新改訳を使用しています。
  • 集会の中に献金がありますが、初めての方にはご遠慮頂いております。(献金は神様への感謝であり、強制的なものではありません)

聖書の教え


世界の創造

この世界は偶然に出来たものではありません。 はじめに神が天と地とを創造されたのです。 (創世記 1:1) ですからこの世界は、素晴らしい秩序によって保たれているのです。

人間の罪

しかし、人は罪を犯してしまいました。 罪とは神様を無視して、自分勝手にいきることです。 この結果、この世界には様々な悪いことが起こるようになり、なによりも、人は神様の栄誉を受けることが出来なくなったのです。 (ローマ人への手紙 3:23)

キリストの救い

けれども、あわれみ深い神様は、御子イエス・キリストをこの世に送ってくださり、彼の死によってわたしたちすべての罪を処罰してくださいました。 それがキリストの十字架です。  キリストは、わたしたちの身代わりとなってしなれたのです。 (ローマ人への手紙 5:8)

信仰による救い

ですから、キリストを信じる人はだれでも、その罪が赦され、罪の力からの解放されて救われるのです。 人は行いによってではなく、信仰によって救われるのです。 (ヨハネの福音書 1:12)


牧師紹介

川島牧師 
川島 真理(かわしま まこと)
埼玉県熊谷市生まれ。
大学生の時、イエス・キリストを信じる。
大学卒業後、日本バプテスト聖書神学校で学ぶ。
現在、牧師としての働きの傍ら、母校の神学校で教師としても奉仕中。 趣味は神様の創られた大自然を見ること。二女の父でもある。


教会沿革


1976年 浦和市(現在のさいたま市)常盤9丁目(北浦和公園近く)に熊谷バイブルバプテスト教会の伝道所が開かれ、名称を浦和聖書バプテスト教会とする。
1982年 伝道所を現在の原山3丁目14番16号に移転する。
1982年 伝道所が教会として独立する。
1984年 宗教法人設立の登記を完了する。
1990年 伝道所、東埼玉聖書バプテスト教会を設立する。
1995年 会堂を拡張しフェロシップ館を登記する。
2002年 東埼玉聖書バプテスト教会(現草加聖書バプテスト教会)独立する。
2007年 新会堂を献堂。