浦和聖書バプテスト教会

メインイメージ

一度教会へ来てみませんか?

浦和聖書バプテスト教会
教会はクリスチャンだけが行くのではありません。

ちょっと興味あるだけの方でも、求道中の方でも、教会に行ったことない方でも、ほかの宗派の方でも、どなたでも大歓迎です。お気軽にお越しください。


教会の場所、集会時間など、わからない事がございましたら、教会へお問い合わせください。

今週のメッセージ ( 2017年3月19日 )


《 召しを現実化する 》

こうしてダビデは、石投げと一つの石で、このペリシテ人に勝った。   (Ⅰサムエル17:50)

 

イスラエルの王となる油そそぎを受けたダビデが(16:13)、その召しを現実のものにしていくのに、二つのモノが重要な役割を担っています。たいへん興味深いことです。◇一つは立琴です(16:14~23)。王位継承と立琴とにどんな因果関係があるのか、常識的には誰にも分かりません。しかし、そこに神が介入すると、見事なつながりが生まれてくるのです。ダビデは、立琴で王宮の人となったのです(21)。もう一つのモノは、石投げ器です(17章)。実は、サウル王は、ゴリヤテを倒した者をむすめの婿にするという約束をしていたようです(25)。ダビデは何と、〈石投げと一つの石で〉、この約束を自分のものにしていくのです。◇私たちが見逃してならないのは、立琴も石投げ器も、ダビデにとっては、きわめて日常的なモノであったという点です。羊飼いの仕事をしていた彼には、これは決して特別なモノではなく、毎日の生活に欠かせない必需品であり、従って実によく慣れ親しんでいたモノだということです。召しの現実化などというと、たいていの人が大げさに考えてしまします。しかし、全能の神は、今私が接している最も慣れ親しんでいるモノを用いられるのです。◇しかもおもしろいのは、立琴は余暇に、石投げ器は仕事に関連しています。何を用いて仕事をしているか、何を用いて余暇を過ごしているか、です。神はそれを用いようとしておられるのです。象徴的なことが記されています(17:38~40)。戦いには〈よろいかぶと〉が常識です。しかし、ダビデがそれを着けてみて何と言っているでしょうか。常識に囚われていると身動きできないのです。〈慣れていない〉モノを無理に身に着ける必要はないのです。
音声はこちら



初めての方へ


  • 入会手続きもなく、すべてが無料です。 
  • 集会で使う聖書や聖歌は、教会の備え付けがあります。聖書は新改訳を使用しています。
  • 集会の中に献金がありますが、初めての方にはご遠慮頂いております。(献金は神様への感謝であり、強制的なものではありません)

聖書の教え


世界の創造

この世界は偶然に出来たものではありません。 はじめに神が天と地とを創造されたのです。 (創世記 1:1) ですからこの世界は、素晴らしい秩序によって保たれているのです。

人間の罪

しかし、人は罪を犯してしまいました。 罪とは神様を無視して、自分勝手にいきることです。 この結果、この世界には様々な悪いことが起こるようになり、なによりも、人は神様の栄誉を受けることが出来なくなったのです。 (ローマ人への手紙 3:23)

キリストの救い

けれども、あわれみ深い神様は、御子イエス・キリストをこの世に送ってくださり、彼の死によってわたしたちすべての罪を処罰してくださいました。 それがキリストの十字架です。  キリストは、わたしたちの身代わりとなってしなれたのです。 (ローマ人への手紙 5:8)

信仰による救い

ですから、キリストを信じる人はだれでも、その罪が赦され、罪の力からの解放されて救われるのです。 人は行いによってではなく、信仰によって救われるのです。 (ヨハネの福音書 1:12)


牧師紹介

川島牧師 
川島 真理(かわしま まこと)
埼玉県熊谷市生まれ。
大学生の時、イエス・キリストを信じる。
大学卒業後、日本バプテスト聖書神学校で学ぶ。
現在、牧師としての働きの傍ら、母校の神学校で教師としても奉仕中。 趣味は神様の創られた大自然を見ること。二女の父でもある。



副牧師紹介

川島実成副牧師 
川島 実成(かわしま みなる)
小学生の時イエス・キリストを救い主として信じる。
大学生4年の時に献身の思いを与えられるが、逃げて就職する。
3年後に悔い改めて、日本バプテスト聖書神学校に入学する。
卒業後当教会に招聘され、現在に至る。




教会沿革


1976年 浦和市(現在のさいたま市)常盤9丁目(北浦和公園近く)に熊谷バイブルバプテスト教会の伝道所が開かれ、名称を浦和聖書バプテスト教会とする。
1982年 伝道所を現在の原山3丁目14番16号に移転する。
1982年 伝道所が教会として独立する。
1984年 宗教法人設立の登記を完了する。
1990年 伝道所、東埼玉聖書バプテスト教会を設立する。
1995年 会堂を拡張しフェロシップ館を登記する。
2002年 東埼玉聖書バプテスト教会(現草加聖書バプテスト教会)独立する。
2007年 新会堂を献堂。

最近のメッセージ

年月別メッセージ

アクセスカウンター

  • 今日:31   昨日:92
  • Total:144397   Online User: 0