浦和聖書バプテスト教会

《 何ゆえ御子は人の世に 》

2016-12-25

わたしは正しい人を招くためではなく、罪人を招くために来たのです。」   (マタイ9:13)

 

数年前に造成された街(60軒余)に、クリスマスのチラシを配りました。実に多くの家でメリークリスマスの飾り付けをしており、中には思わず足を留めてしまうほどかわいいものもありました。しかし、十字架は何処にも見当たらないのです。◇もち論十字架は飾り物にするようなものではありませんが、改めて日本人のお祭り好きを覚えさせられた次第です。初めからそうだったのでしょう。クリスマスは、人間の楽しみだけのものになり下ってしまったのです。しかし、教会に集った私たちは、この時にこそ、神の御子が何ゆえに人の姿を採ってこの世に来られたのか、聖書のメッセージを真摯に受け留めたいものです。◇主ご自身が証しておられるように(12・13節)、御子はキリスト(救い主)となって、私たちを罪から救うために来られたのです。これは聖書のあらゆるところで証言されている最も重要な点(福音)です。ヨハネ3:16~17。愛の神は、罪に苦しむ私たち人間を救うために、ご自分の〈ひとり子〉を私たちに与えてくださったのです。言い換えれば、創造主であられる神は、私たちが罪の中で滅んでいくのを黙って見過ごしにすることは出来なかったのです。これが愛です。◇ローマ4:25では〈主イエスは、私たちの罪のために死に渡され…〉と語られ、同5:8にも同様の事が語られています。さらに8:3には〈肉において罪を処罰された〉とあります。キリストが人となって肉体を採らなかったら、どのようにして罪を裁くことができるでしょう。御子は、初めから、私たちの罪の身代りとなって私たちを救うために肉体を採って来られたのです。私たちは、キリストの十字架にこそメリークリスマスを見なければならないのです。
音声はこちら


最近のメッセージ

年月別メッセージ

アクセスカウンター

  • 今日:203   昨日:222
  • Total:215011   Online User: 0