浦和聖書バプテスト教会

《 瞬時なる救い 》

2017-02-26

イエスは、彼に言われた。「まことに、あなたに告げます。あなたはきょう、わたしとともにパラダイスにいます。」 (ルカ23:43)

 

人は必らず、それぞれの自分の死を迎えます。それは、ひとつとして同じものはないのです。◇ここに三人のひとが自分の死を迎えようとしています。見た目には、三人とも同じ十字架刑で殺されていくようです。しかし、見た目は同じでも、その意味するものは、まさに天と地の違いがあります。一方の死は、人々の贖いをなし遂げ、パラダイスに行くことになりますが、他方の死は自分の罪のさばきを受けハデス(死者の魂が行くところ)に堕ちていくのです。これが主イエスの死と犯罪人たちの死の違いです。私たちは、「見た目の死」と「見えない死」というようなことを考えねばなりません。大切なことは、見えないところに在るのです。◇さらに注目したいのは、犯罪人のひとりの方が、ハデスに行く死からパラダイスに行く死に移っている点です。しかも、瞬時にです。その経緯についてはすでに学びましたので(1月22日)、きょうは生じている事実(43節)に留意したいと思います。大切なことは二つ、彼が自分のありのままを認めていること(41節)と主イエスに目を向けていること(42節)です。信仰という観点から見ると、〈からし種〉(ルカ17:6)にも及ばないものですが、主イエス・キリストはそれを認めてくださったのです。(43節)。◇私たちはこの三人の死を他人事で済ませる訳にはいきません。自分の死と自分の死後のことは、自分の責任で決めなければならないのです。生きている時にです。「他人まかせの死」で死んでいく人があまりにも多いのが現実ではないでしょうか。〈あなたはきょう、わたしとともにパラダイスにいます。」〉この宣言を、まさに〈きょう〉というこの時に、救い主(キリスト)から受けていなければならないのです。ヨハネ3:16~18
音声はこちら


最近のメッセージ

年月別メッセージ

アクセスカウンター

  • 今日:186   昨日:220
  • Total:238634   Online User: 0