浦和聖書バプテスト教会

《 苦難を乗り越えた凱旋者(がいせんしゃ) 》

2017-02-12

聖霊に満たされていたステパノは、天を見つめ、神の栄光と、神の右に立っておられるイエスとを見て…。(使徒7:55)

 

信仰をまっとうする為の苦難は誰にでもやってきます。ステパノは、苦難を乗り越えて天へ凱旋して行きました。どうして、こんなにも大きな苦難を乗り越えられたのでしょうか?そこに、彼の信仰が表れています。

先ず彼は、死という苦難の中で主イエスを見ました(55節)。もし、彼がそれをしなかったら、最後まで証を続けることは出来なかったでしょう。死という究極の苦難を感じとるなら誰でも逃げ出すはずです(マルコ14:50)。しかし、イエスを見るならば信仰者の足は後ろに下がらず、イエスとともに一歩前へ踏み出すことができるのです。そうした時、いつの間にかその苦難を乗り越えているのです。どうしてそこまでイエスを信頼するのでしょうか?それは、イエスだけが私の苦しみを知っているからなのです(ヘブル4:15)。

次に、ステパノはどうしてイエスを見ることができたのでしょうか?それは、聖霊に満たされていたからです(55節)。聖霊はステパノを通して、主イエスの全てを証しています。本来、生まれながらの人間にはこれはできません。しかし、聖霊に満たされた信仰者はイエスを見上げて、神の御心に従うことができるのです。そして、この聖霊はきよい信仰生活を通して初めて満たされるものです。なぜなら、肉の欲求は御霊に逆らうからです(ガラテヤ5:16、17)。

ステパノは、使徒たちから選ばれた人です(使徒6:3、5)。ここに、きよい信仰生活を送っていた証拠があるのです。だからこそ、御霊に満たされてイエスを見ることができたのです。きよい者だけが神を見ることができるのです(マタイ5:3)。私たちが、苦難の中で主を見ることができない理由は、もしかしたらそこにあるのかもしれません。(文:実成)
音声はこちら


最近のメッセージ

年月別メッセージ

アクセスカウンター

  • 今日:186   昨日:220
  • Total:238634   Online User: 0