浦和聖書バプテスト教会

《 記念の石 》

2004-05-16

あなたがたは、彼らに言わなければならない。『ヨルダン川の水は、主の契約の箱の前でせき止められた。これらの石は永久にイスラエル人の記念なのだ。』」(ヨシュア4:7)

 

ヨシュアはシィティムから斥候を遣わし、最初の攻撃地エリコを探らせます。イスラエルの民はヨルダン川を渡るにあたり、主は不思議を行うとの言葉を告げられます(3:5)。その言葉に従い、イスラエルの民は祭司を先頭にしてヨルダン川を渡りきりました。最初の宿営地ギルガルに彼らは記念の石塚を建てました。▽わたしたちは、踏みとどまるか、進むべきかの決断をつけなければならないときがあります。だれもが、こうした、重大な決断を強いられる、信仰の危機と呼ばれるときを迎えるに違いありません。信仰者として必要なことは、勝ち取ることです。▽ヨルダン川を渡る奇跡は、紅海をわたってから40年にもおよぶ、イスラエル人の荒野での不信仰や反逆という、主に対する、恥やそしりをぬぐうためでもありました。それだけではなく、約束の地に入るという主の御言葉が、空文であるとか、絵空事ではないことを証明するためでした。(5:9)▽現在においても、主は私たちを通して御業の実現を図ろうとされております。「それは、地のすべての民が、主の御手の強いことを知り、あなたがたがいつも、あなたがたの神、主を恐れるためである(4:24)。」▽私たちにとっての勝利とは、自分自身が戦うことのみに焦点が向かいますが、わたしたちはまず、主が先立ってくださることを忘れてはなりません。主が先立ち、勝利を約束する。そのことを信じて戦ってゆく。その結果として、私たちの証しが生まれるのです。私がおこなって誉められることではない。私たちの業を超えて主がなさせてくださる。そのところに私たちの証しが生まれるのです。

ヨシュアのように、私たちの人生にも、記念の石塚を建てようではありませんか。           (文:高木)


最近のメッセージ

年月別メッセージ

アクセスカウンター

  • 今日:715   昨日:284
  • Total:268245   Online User: 0