浦和聖書バプテスト教会

《この年をしめくくる》

2012-12-30

 

 見よ。わたしは新しいことをする。今、もうそれが起ころうとしている。 (イザヤ43:19)

 

私たちは、この一年を25:1の御ことばで歩み始めました。今、この一年を43:18,19の御ことばでしめくくりたいと思います。◇先ずv18。正直に感想を述べさせていただければ、この一年はあまりに色々な事がありすぎて、主をほめたたえる思いがだいぶ削がれてしまったように感じます。愛兄姉はどうだったでしょう。「満足の行くまで主をほめたたえることができた」と言える人は少ないのではないでしょうか。しかし、幸いなことに、今私たちは、主の守りの中で新しい年に向かおうとしています。先の事に悩まされたり、思い煩いや後悔を引きずったままで新しい年を迎えたくありません。主は<思い出すな><考えるな>と言われるのです。◇次に主は続けて<見よ。わたしは新しい事をする。>と言われます(19a)。しかも、もうそれが起ころうとしている、と言われるのです。愛の神は、ご自分の民に、常に新しい計画を推し進めようとしておられるのです。私たちは、これを信じなければなりません。たとえ私たちの目には、暗く沈んだ世しか映らなくてもです。私たちは、世を頼りに生きる者ではないのです。いつくしみと希望の神の御手の中に生かされているのです。◇では最後に、どんな<新しい事>が起こるのでしょう。19節後半の御ことばに目を留めましょう。<荒野に道><荒地に川>を設ける、と主は言われます。暗示的です。道なき所に道が開かれ、死の世界にいのちが漲るというのです。具体的、実際的にこれがどんな事を指しているのか、私たちは新しい年の歩みにおいて確かめねばなりません。「それが起こる」と信じるのが今の私たちです。「それが起こった」と確認するのが来年の私たちであらねばなりません。祝福を祈ります。
音声はこちら


最近のメッセージ

年月別メッセージ

アクセスカウンター

  • 今日:619   昨日:226
  • Total:267076   Online User: 0