浦和聖書バプテスト教会

《なぜ信仰なのか》

2015-07-26

 

・・・それは御子を信じる者が、ひとりとして滅びることなく、永遠のいのちを持つためである。(ヨハネ3:16)

 

キリスト教信仰は、何となく神の存在を信じるといったような漠然としたものではありません。信じる対象と事柄が明確に示されているのです。◇先ず何を信じるのかを確認しておきましょう。<御子を信じる>と言われています。そしてその御子は、私たちに<与えられた>と聖書は告げるのです。このことが主イエス・キリストの十字架の贖いを指しているのを否定する人はいないでしょう。御子を信じるとは、御子のなしてくださったことをも信じることです。これは当たり前です。そして言うまでもなく、これが最も大切な・・・従って絶対に欠いてはならない信仰の内容、即ち福音です(Ⅰコリント15:Ⅰ~5)。◇なぜ私たちはこれを信じなければならないのでしょう。答えは明確です。神ご自身がこの方法を定められたからです。人は昔からいろんな救いの方法を考え出してきました。自分で自分を救えるのならそれでよいでしょう。しかし、永遠のいのちに到る救いは絶対に造り出すことは出来ません(ヘブル9:27)。救ってくださるお方が唯一ならば、そのお方の定めた方法に従わねばならないのです。◇しかしこの方法は、決して、神の勝って気ままに定めたものではありません。人間の目から見ても、見事な合理性をそなえています。ひとつは旧約時代との関連です。罪の赦しのためには、傷のない小羊がほふられていたのです(ヘブル22:20・同12)。だから主イエスは<世の罪を取り除く神の小羊>と呼ばれたのです(ヨハネ1:29)。また、神の救いはすべての人に(人種を超え、罪人にさえ)公平に提供されなければならないのです(Ⅰテモテ2:4~6)。神の救いは、人と時を超えた普遍性をもっているのです。だから今の私も救われるのです。ハレルヤ。
音声はこちら


最近のメッセージ

年月別メッセージ

アクセスカウンター

  • 今日:186   昨日:220
  • Total:238634   Online User: 0