浦和聖書バプテスト教会

《一番最初に救われた人々》

2010-03-30

  きょうダビデの町で、あなたがたのために、救い主がお生まれになりました。この方こそ主キリストです。   (ルカ2:11)

 救い主が生まれたという喜びの知らせは、まず野原の貧しい羊飼いたちに伝えられました。これが神様の決められた順番だったようです。しかし、もし、彼らがこの知らせを聞いただけで終わらせてしまったら、はたして彼らは救いの喜びに預かることができたでしょうか。◇彼らはまず決断したのです(15)。この決断をするのには、いろんな迷いもあったでしょう。何よりも、羊を夜の野原に放って置くことになります。どんな危険が伴うか、だれよりも彼らが一番よく知っていたはずです。しかし、もしここで彼らがひるんでしまったら、彼らは救い主に会うことはできなかったのです。◇彼らは心を決め、それを実行したのです(16)。人口調査のためにごった返していたベツレヘムで、飼葉おけに寝ておられるみどり子を捜し出すことは、けっこう大変なことだったでしょう。一軒一軒をたずねて、家畜小屋を見て回らねばならなかったのです。もち論、野原に残して来た羊も気にかかります。途中であきらめたら、彼らに救いはなかったのです。しかし、彼らは終に、飼葉おけに寝ておられるみどり子を捜し当てたのです。◇大切なことは、このようにして羊飼いたちが、御使いから伝えられたことを全部確認したことです(20)。すばらしい喜びの知らせが、このようにして自分自身のものになったのです。彼らは、神をあがめ、賛美しながら、また野原に帰って行きました。以前の彼らとどこが違っているでしょう。彼らは同じ環境で、同じ仕事に帰って行ったのですが、その心には、神をあがめ、賛美する喜びが満ち溢れているのです。彼らは、救われたのです。


最近のメッセージ

年月別メッセージ

アクセスカウンター

  • 今日:138   昨日:347
  • Total:247251   Online User: 0