浦和聖書バプテスト教会

《主はよみがえった》

2012-04-08

「あなたがたは、なぜ生きている方を死人の中で捜すのですか。ここにはおられません。よみがえられたのです。」(ルカ24:5,6)

 

 

聖書を追ってみると、少なくとも三度は、主はご自分が殺されること、しかし、そのままでなくよみがえることを予告しておられます。けれども弟子たちの誰も、このことを信じてはいなかったのです。◇この朝も、数人の女性たちは、イエスの遺体に香油を塗ってあげようと墓に向かったのです。墓の中にイエスのからだがあることを少しも疑ってはいませんでした。女たちの心配は、墓を封印してある大きな石を誰がどけてくれるだろうかでした。ところが墓に着いてみると、すでに石はのけられ、墓は空っぽだったのです。冒頭の聖句は、この時途方にくれていた彼女たちに御使いが告げたことばです。◇女たちは<なぜ生きている方を死人の中で捜すのですか。>と問われています。この女たちの姿は、今の私たちの姿によく似ていないでしょうか。多くの人が、イエス・キリストを過去の偉大な人物のひとりと考えているからです。しかし、どんなに偉大な人物であろうと、その人たちは全員が死んで墓に収められているのです。ここがまったく違います。主イエスは<ここには(墓の中には)おられません。>と言われるお方なのです。よみがえられて、今も生きておられるのです。使徒1:3、またⅠコリント書15:3~6を読んでみましょう。私たちは、生きている方を死人の中で捜すような愚かなことは止めねばなりません。◇主イエスはよみがえられ、今も私たちのうちに生きておられるのです。<確かに、神は、私たちひとりひとりから遠く離れてはおられません。私たちは、神の中に生き、動き、また存在しているのです。>(使徒17:27,28)。私たちは、生きておられる方を生きておられる方として求めねばならないのです。
音声はこちら


最近のメッセージ

年月別メッセージ

アクセスカウンター

  • 今日:153   昨日:209
  • Total:189905   Online User: 0