浦和聖書バプテスト教会

《主イエスのとりなし》

2003-06-29

聖なる父。あなたがわたしに下さっているあなたの御名の中に、彼らを保ってください。(ヨハネ17:11)

 

ここで主イエスは、世のためでなく、クリスチャンたちのためにとりなしの祈りをしておられます(9)。◇これはすでに触れられているように(6)、クリスチャンたちが、この世にあって特別な存在であることに由来したみことばです。ここでもクリスチャンたちは<あなたがわたしに下さった者たち>と言われています。私たちはもう一度、自分が世から取り出されてキリストのものとされた者だということを覚えなければなりません。私たちはすでに、自分を自分のものと考える資格さえ持っていないのです。なぜなら、私たちはすでに贖われた者(代価を払って買い取られた者)だからです。◇そして今、主イエスは<わたしはかれらのためにお願いします。>と祈っておられるのです。もとよりこのことは、主イエスがこの世のことを一切無視しておられたと言うことではありません。関心の度合いと質のちがいを意味しているのです。即ち、御名の中に保たれるのは、この世という全体ではなく、この世から贖い出された者たちであるということです。私たちはここに、世に属する者たちと私たちとの、目に見えない決定的なちがいを覚えなければなりません。

◇私たちは、主イエスのとりなしによって、御名の中に保たれている者なのです。V12のみことばも、単に弟子たちとユダのことではなく、私たちの現実でもあるのです。私たちは、主イエスによって、御名の中に保たれ、守られているのです。クリスチャンがこの霊的真理を忘れていると、その信仰生活はどうしても自己中心的になってしまうのです。困った問題は常に私が優先するところに生じてくるのではないでしょうか。


最近のメッセージ

年月別メッセージ

アクセスカウンター

  • 今日:116   昨日:184
  • Total:215108   Online User: 0