浦和聖書バプテスト教会

《主イエスの赦しと救い》

2003-02-23

そこで、イエスは言われた。「わたしもあなたを罪に定めない。行きなさい。今からは決して罪を犯してはなりません。」 (ヨハネ8:11)

 

姦淫の現場で捕らえられたひとりの女性が主イエスのもとに連れて来られました。ユダヤの律法によれば、このような罪を犯した者は、石打の刑で殺されねばなりませんでした(レビ20:10)。◇まず、主イエスがどのようにして彼女を救い出されたかを見てみましょう。主は決して多くを語りませんでした。彼女を訴える者たちに向かって、ひと言「あなたがたのうちで罪のない者が、最初に彼女に石を投げなさい。」と言われただけでした。しかし、このことばを聞くと、訴える者たちは、年長者たちから始めて、ひとりひとり出て行ったとあります。何が起こったのでしょう。◇私たちは少なくとも、この主のみことばが「あなたがたには彼女をさばく資格があるのですか。」と問いかけていることには気づかねばなりません。罪のない者がはじめて他人の罪をさばくことが出来るのです。彼女を訴えた者たちには、彼女の罪のことはどうでもよく、本当はイエスを訴える口実を作り出そうという魂胆があったわけですから(6)、表側の正義は見せ掛けだけで、心には非常に不純な思いがあったのです。主イエスのみことばは、それをえぐり出したと言えるでしょう。◇ひとり残された彼女は、この経緯をどのような思いで見ていたでしょう。殺されるかもしれないという死の恐怖から解放されて、彼女は今、主イエスとともにいるのです。ここでも主イエスは多くを語りません。「わたしもあなたを罪に定めません。」これは罪の赦しの宣言です。彼女は罪の裁き(死)から救われ、赦されているのです。ハレルヤ。私たちに必要なのは、この赦しと救いではないでしょうか。


最近のメッセージ

年月別メッセージ

アクセスカウンター

  • 今日:186   昨日:220
  • Total:238634   Online User: 0