浦和聖書バプテスト教会

《人を正しく理解する》

2003-10-26

うわべによって人をさばかないで、正しいさばきをしなさい。」(ヨハネ7:24)

 

人は、他の人を自分の目でしか見ることが出来ません。実はこれが、人間関係をむずかしくしているもっとも大きな要因なのです。◇まず最初に、この個所で議論されている事柄の背景になっている「安息日の戒め」について触れておきましょう(出エジプト記20:8)。言うまでもなく、この戒めの本来の趣旨は、主なる神様を礼拝することにあります。そのために神様は、安息日に仕事をしてはならないと付け加えておられるのです。ところが当時のユダヤ人たちは、これを表面的にしか捉えないで、主イエスが安息日にひとりの人をいやしたことを非難しているのです。こんなバカなことはありません。主はこういう彼らに、<うわべによって人をさばかないで、正しいさばきをしなさい。」と戒められたのです。◇これは今の私たちにもそのまま当てはまるのではないでしょうか。聖書の他の個所には<人はうわべを見るが、主は心を見る。」>(サムエル記Ⅰ16:7)と言われていますが、相通じるものがあります。表面的にはみことばを守っていても、心の中では同じみことばを破っているということが起こり得るのです。当時のユダヤ人たちは、自分たちは割礼を施しているのに、主がひとりの人をいやすと非難するのです。割礼といやしと、どんな違いがあるというのでしょう。◇私たちは、心をみる目を養わなければなりません。そうでないと、決して<正しいさばき>は出来ないでしょう。どんな人でも、うわべでは分からない、とてつもなく深いものを抱えているのです。またそれと同時に、このように言い切れる主イエスにあらためてこれからの自分の人生を任せたいものです。主イエスだけが、私のすべての真実を知っていてくださるのです。 ハレルヤ。


最近のメッセージ

年月別メッセージ

アクセスカウンター

  • 今日:243   昨日:110
  • Total:189786   Online User: 0