浦和聖書バプテスト教会

《何を喜んだらよいの?》

2010-02-28

   だがしかし、悪霊どもがあなたがたに服従するからといって、喜んではなりません。ただあなたがたの名が天に書きしるされていることを喜びなさい。  (ルカ10:20)

 <いつも喜んでいなさい。>(Ⅰテサロニケ5:16)と聖書は命じています。しかし、何を喜んだらよいのでしょう。◇私たちの現実に目を向けますと、あまりにも喜べないことが多いからです。ましてやそれがわが身に降りかかってきますと、たちまち喜びは失われてしまいます。どうしてそうなってしまうのでしょう。この主イエスのみことばに照らしてみると、ひとつは、どうも喜びの観点がずれているからではないかと思わせられます。普通私たちがどんな時に喜びを覚えるかといいますと、伝道の働きから帰って来たこの70人の弟子たちの姿にそれを見ることができるでしょう。この人たちはものすごい働きをしたのですから。◇しかし主イエスはそれを否定なさいます。事がうまく行ってよい結果が出た、誰だってそれは喜びです。しかし、そういう喜び方をしてるようではいけないと言われるのです。何が出来たかだけの観点で喜んでいるなら、やがて私たちは何も出来ない時を迎えるでしょう。そして何も出来なくなった時、すべての喜びを失うでしょう。◇主イエスのみことばに耳を傾けねばなりません。<ただあなたがたの名が天に書きしるされていることを喜びなさい。>と主は言われるのです。天には<いのちの書>と呼ばれる記録簿があって、そこには主イエスを信じて救われた者の名が記載されているのです(黙示21:27他)。この書に自分の名が記載されてないなら、どんなに大きな働きをしても、それはむなしく終わるのです。主イエスの救いを喜びましょう。救いを喜ぶところから人生のすべてが始まるのです。

浦和聖書バプテストの教会ホームページはこちら


最近のメッセージ

年月別メッセージ

アクセスカウンター

  • 今日:186   昨日:220
  • Total:238634   Online User: 0