浦和聖書バプテスト教会

《十字架を背負わせられた人》

2010-11-29

  そこへ、・・・シモンというクレネ人が、いなかから出て来て通りかかったので・・・(マルコ15:21)

 ドロローサ(悲しみの道)での、ちょっとした出来事です。◇このシモンという人にとって、これは何と偶発的な災いだったことでしょう。彼は<いなかから出てきて通りかかった>にすぎないのです。なのに<イエスの十字架を、むりやり>背負わせられる羽目になってしまったのです。私たちだったら、こんな場合何と表現するでしょう。きっと「間が悪かった」とか「運が悪かった」と言うでしょう。しかし私たちが注目しなければならない点は、ほんのひと時にしろ、主イエスの十字架を主の代わりに背負ったということです。こういう人を天の父がそのままにしておくはずがありません。◇彼の人生に何が起こったか、私たちにもみことばから充分推測できます。著者マルコはシモンのことを<アレキサンデルとルポスの父で>と紹介しています。彼のふたりの子どもをマルコはよく知っていました。また、この書の当時の読者たちも、このふたりの名を聞けばそれが誰であるかすぐ分かったのです。ということは、シモンとその家族とは救われて教会に加えられていたクリスチャンだったのです。◇シモンに何が起こったか、もう少し想像をたくましくしてみましょう。まず彼は十字架を背負いながら、すぐ傍らに主イエスを見たのです。さらに、ゴルゴタの丘での一部始終を見定めることになったのです。彼が主イエスを受け入れないわけがありません。むりやりであっても、主の十字架を負わされることによって、救いに預かることが出来たのです。これ以上の祝福はないではありませんか。しかも最後に覚えたいことは、私たちの負う十字架はゴルゴタまでであって、ゴルゴタでは、その十字架をすべて主が引き受けられるのです。ゴルゴタは、私たちに永遠の解放をもたらしたのです。

音声データ


最近のメッセージ

年月別メッセージ

アクセスカウンター

  • 今日:186   昨日:220
  • Total:238634   Online User: 0