浦和聖書バプテスト教会

《喜び歌う生活》

2011-01-30

  正しい者たち。主にあって、喜び歌え。賛美は心の直ぐな人たちにふさわしい。  (詩篇33:1)

 つらい人生を「つらい。つらい。」と嘆きながら生きてゆくのもひとつの人生でしょう。しかし、同じようなつらさの中にあっても、喜び歌いながら生き貫く人生もあるのです。◇クリスチャン人生は、まさに、そういう人生です。神をほめたたえることが出来るからです。愛の神が、罪を赦し、永遠のいのちへ導いてくださったことを知っているからです。このかけがえのない祝福を知っていれば、地上の辛い事にもめげずにいられるのです。パウロという人は<今の時のいろいろの苦しみは、将来私たちに啓示されようとしている栄光に比べれば、取るに足りないものと私は考えます。>(ローマ8:18)と告白しています。私たちも同じように考えたいものです。◇なかなかパウロのように考えられない現実を背負っているのが私たちです。しかし、この喜びと賛美の心を奪う理由はひとつしかないことを覚えねばなりません。つらい出来事ではないのです。著者が<正しい者たち。>と呼びかけ、<賛美は心の直ぐな人たちにふさわしい。>と語っていることに注意しなければなりません。喜びと賛美の心を奪うのは罪なのです。それ以外にありません。心が正しさを失い、ねじ曲がった人に、どうして聖い神様をほめたたえることが

出来るでしょう。かえって神の怒りを恐れて、魂はおびえていなければならないのです。◇私たちは、人々の心から神をほめたたえる喜びが日増しに失われていく原因をここに置かなければなりません。一般恩恵的な意味でもこの喜びを失っているのです。そして、時代はますます罪の色を深めて行くでしょう。人々は、心の中に、畏敬の念を込めてほめたたえるものを持ってないのです。しかし、このままでよいのでしょうか。

音声を再生


最近のメッセージ

年月別メッセージ

アクセスカウンター

  • 今日:153   昨日:209
  • Total:189905   Online User: 0