浦和聖書バプテスト教会

《大勝利の理由》

2013-10-20

 

ダビデは、主が彼をイスラエルの王として堅く立て、・・・を知った。  (Ⅱサムエル5:12)

 

人生には戦いがありますが、それはダビデにもありました。ところが、彼はペリシテ人との戦いに大勝利を治めています。一体何故なのでしょうか?そこには2つの理由が挙げられます。
◇第一にダビデは自分の使命を明確に知ったからです(v12)。これは、知識的に知ったのではありません。今までの経験と現状からから明確に悟ったという事です。確かにダビデは主によって油注がれた人でした。けれども、少年ダビデは、ゴリアテ(ペリシテ人)と決闘しました。青年期は王に仕え、様々な国と戦いました。結果、王にねたまれ命も狙われました。こうしたこれまでの経験と今、自分が王になろうとしている状況から、主が自分をイスラエルの王としたことを悟り、彼は王の使命〈わたしの民をペリシテ人のから救う〉(Ⅰサムエル9:16)を明確に理解したのです。ですから、見事に戦い勝利したのです。
◇第二にダビデは主の時と方法で戦ったからです。ダビデは一回目の戦いに向かう時、主に伺いました(v19)。その上で彼は戦いに望んでいます。彼は大敵を前に、戦いが主の時かどうかを確認したのです。そして見事に勝利しました。さらに、二回目の戦いでは別の方法が示されましたが、彼は主を信頼して素直に従いました(v23-25)。人は成功するとそのやり方に固執するものです。けれども、彼はそういった人間的な力に頼らずに、主の方法に従ったのです。だからこそ、彼はイスラエルに大勝利をもたらす事が出来たのです。私たちも自らの使命を悟り、それに向かって主の時と方法で戦いたいものです。       (文:実成)
音声はこちら


最近のメッセージ

年月別メッセージ

アクセスカウンター

  • 今日:138   昨日:347
  • Total:247251   Online User: 0