浦和聖書バプテスト教会

《実を結ぶ人生への召き》

2016-04-24

わたしはあなたがたに言います。あなたがたも悔い改めないなら、同じように滅びます。(ルカ13:5)

 誰にも分かると思いますが、この<いちじくの木>は、悔い改めのない人の姿を描いています(v6~9)。◇先ずこのいちじくが、ぶどう園に植えられていることに注目しましょう。ぶどう畑にはぶどうの木、それが自然です。ところがその一郭にいちじく、これには何とも違和感を覚えます。しかし、これが私たちの恵みなのです。私たちは特別にぶどう園に植えられているのです。勿論実を結ぶためにです。このいちじくは、植えられてから3年も経っていました。その間、ぶどうと同じ恵みに与り、木は順調に大きく育っていたのです。しかし、肝心かなめの実を結んでいないのです。◇いちじくが実を生らせないのなら<何のために土地をふさいでいる>のでしょうか。大げさでなく、存在する意味がないのです。このままでは<切り倒される>以外にありません。私たちは、何故こうなのか考えてみなければなりません。答えは明らかです。v3,5の続きであり、説き明かしなのです。即ち主イエスは、悔い改めのない人生は実を結ぶことは出来ませんよ、と教えておられるのです。◇パウロのことばにも目を向けねばなりません(ガラテヤ5:22,23)。これらの実はすべて、御霊の取り扱いによって産まれてくる人格的な実なのです。業の実ではありません。大切なことは、悔い改めのない心には御霊は働かれないという信仰上の真実です。神を拒むことは御霊の働きを拒むことであり、それは自分で自分の人生を滅びに定めることなのです。◇最後に、ぶどう園の<番人>のなしてくれていることに注目です(8,9)。これぞ主イエスのとりなしです。主は、悔い改めをもって始める新しい人生に私たちを召いておられるのです。それは、実を結ぶ新しい人生への出発なのです。


最近のメッセージ

年月別メッセージ

アクセスカウンター

  • 今日:715   昨日:284
  • Total:268245   Online User: 0