浦和聖書バプテスト教会

《恐れられる赦し》

2015-09-27

 

 しかし、あなたが赦してくださるからこそ、あなたは人に恐れられます。 (詩篇130:4)

 

この聖句を正しく理解しなければなりません。v3を抜きにしたv4は、偽りの赦しと言わねばならないからです。◇v3は、主なる神が、私たちの不義に気づかない、知らないでいる、知っても見なかった振りをする、という意味では決してありません。神は全知です(詩139:1~6)。善いも悪いもすべてご存知であられるのです。ですから、主が私たちの不義に目を留められないとは、私たちの不義や罪をすべて知っているのにもかかわらず、それを責めず、その償いを要求しない、という意味なのです(詩103:8~10)。もし要求されたら、死ぬしかありません(ローマ6:23a)。完全な赦しとは、本来このようなものなのです。◇では何故、聖であり義であられる神にこのような赦しが可能なのでしょう。言うまでもなく、ここに主イエス・キリストの十字架の秘儀があるのです(ローマ8:1~3)。神はご自分の御子の<肉において罪を処罰された>のです。覚えねばなりません。処罰なしの罪の赦しはごまかしです。罪は必ずさばかれねばなりません。そして、私の犯した罪は、本来、私の身において処罰されねばならないのです。しかし、あわれみ深い神は、私を赦すために、処罰を御子の肉において敢行されたのです。ハレルヤ。◇ですから、もはや、神は私たちの不義をさばく必要はまったくなくなったのです。さばきは完了したのです。私たちはすでに赦されているのです。誰でも<御前に立ちえる>のです。すべての罪と不義を知られているのにもかかわらず、御前に立ちえる―即ち、罪の責めや償いを求められないのです。このような赦しが何処にあるでしょうか。私たちは、この神の赦しを驚きと恐れをもって受けとめねばなりません。赦しをもって恐れられる方こそ、まことの救い主です。

音声はこちら


最近のメッセージ

年月別メッセージ

アクセスカウンター

  • 今日:726   昨日:284
  • Total:268256   Online User: 0