浦和聖書バプテスト教会

《成長を妨げる信仰》

2016-05-29

  「神の国は、何に似ているでしょう。・・・それは、からし種のようなものです。・・・パン種のようなものです。    (ルカ13:18~20)

 注意しなければならないことは、このたとえが前の箇所と同じ場所で同じ時に語られている点です(未完了過去)。◇当然そこには明確なつながりが意図されている筈です。それが何であるかを汲み取るために、私たちはもう一度会堂管理者の信仰に目を向けねばなりません。彼は確かに神を信じています。当時のユダヤ人社会では、重要な信仰上の働きを担っていたのです。しかし、信仰さえ持っていればそれでよいというのではありません。繰り返しは避けますが、彼の信仰はその責任の故に硬直化しドグマ化してしまっていたのです。主イエスはそれを打ち破って、敢えていやしの御わざを行われたのです。◇このたとえの意図が見えてきます。<からし種>も<パン種>も、人の目には見えないほど小さなものですが、大きく成長する力、拡大(発酵)する力を持っています。もし主イエスがこの場で、モーセ十戒の第四戒を教条的、機械的にまもっていたら、神の国の成長や拡大はストップしてしまうのです。神の救いの御わざが行われ得ない信仰とは何なのでしょう。確かに主なる神は、私たちの信仰に答えて御わざを行ってくださるお方です。◇気をつけねばなりません。ドグマ化した信仰は、かえって神を閉め出し、信仰に死をもたらしてしまうのです。成長には、絶えず繰り返される変化が伴います。生きているということは、時と場に対応して変化していくことです。<おりにかなった助け>(ヘブル4:16)ということばがありますが、神の働きをセメントで固めたように定式化、固定化しては絶対にいけません。それは神を殺し、自分を殺すことになるのです。神は、私たちの個々の現実に、今も生きて働いておられるのです。アーメン


最近のメッセージ

年月別メッセージ

アクセスカウンター

  • 今日:203   昨日:222
  • Total:215011   Online User: 0