浦和聖書バプテスト教会

《未熟なる信仰と知りつつも》

2002-12-29

見なさい。あなたがたが散らされて、それぞれ自分の家に帰り、わたしをひとり残す時が来ます。いや、すでに来ています。 (ヨハネ16:32)

 

十字架を前にして主イエスが語られた長いみことばを通して、弟子たちはそれなりの確信に到りました。彼らは、もうあらためて主イエスに尋ねる必要がない、<これで、私たちはあなたが神から来られたことを信じます。>(30)と告白しています。◇しかし、彼らのこの信仰は、何と力のない未熟なものだったことでしょう。自分では「もう分かった。」と思っていても、主の目から見れば、彼らの信仰はあまりにも弱く、情けないものだったのです。<あなたがたは散らされて、それぞれ自分の家に帰り、わたしをひとり残す時が来ます。> 主は、弟子たちがこの後どうなるか、すべてをご存知であったのです。◇しかしそれでも、主は弟子たちを愛されました。自分を裏切る者たちのために、いのちを投げ出してあがないのみわざを為し遂げようとしておられるのです。何と愚かな愛でしょうか。この世の中には、やがて裏切ると分かっている者のために自分のいのちを犠牲にする人はひとりもいないでしょう。しかし主は、それをしておられるのです。何と愚かなことでしょうか。しかし、この愚かさの極みが十字架なのです。◇私たちは、今の私たちにも、この主の愛が注がれていることを知っているでしょうか。主は、私たちが主とともに死ぬことのできる者だから私たちを愛してくださるのではないのです。つきつめると、私たちも<自分の家に帰り>、自分を守ることしかできない者なのではないでしょうか。しかし主は、そういう私たちを十分承知の上で、なお愛してくださるのです。今私たちは、この主の愛にささえられているのです。


最近のメッセージ

年月別メッセージ

アクセスカウンター

  • 今日:726   昨日:284
  • Total:268256   Online User: 0