浦和聖書バプテスト教会

《来し方に主を見る》

2016-08-28

わがたましいよ。主をほめたたえよ。主の良くしてくださったことを何一つ忘れるな。(詩篇103:2)

 主なる神を知るための一つの方法は、自分の人生の来し方を振り返ってみることです。◇と言うのは、創造者であられる神が係わってない人生は一つもないからです。<神は、すべての人が救われて、真理を知るようになるのを望んでおられます。>(Ⅰテモテ2:4)。神はクリスチャンだけの神ではありません。すべての人の神なのです(マタイ5:45b)。ですから、どんな人の人生にも、神の守りとみちびきがある筈です。多くの人が、不信仰の故に、それを見損なっているだけなのです。神の係わりを否定する者に、神の御わざが見える筈がありません(詩92:5,6)。◇私の人生に、全知全能の神が係わっておられたと考え、改めて自分の来し方を振り返ってみてください。私たちは実に多くの神の御わざを発見するのです。<主の良くしてくださったことを何一つ忘れるな。>とあります。実は、あれもこれも神の御わざなのです。今こうやって生かされていること自体が神の恵みなのです。私たちは今、何のつながりもない時間の断面を生きているのではありません。神の守りとみちびきがあったからこそ今があるのです。神の御手の中で、過去は今につながり、今は行く末につながっていくのです。この神のみちびきを決して断ち切ってはならないのです。◇<何一つ忘れるな。>という戒めを、私たちは単なる記憶の問題に収めておいてはなりません。これは生き方の問題なのです。今という時だけを見ている者は、未来に向かって正しい選択はできないでしょう。来し方に神を見る者が、今のこの時に同じ神を見ることができ、将来に向かって神の御こころに適う選択をすることができるのです。どんな場合でも、神が係わっていない時はない。これが私たちの信仰です。


最近のメッセージ

年月別メッセージ

アクセスカウンター

  • 今日:715   昨日:284
  • Total:268245   Online User: 0