浦和聖書バプテスト教会

《祝福を失う理由》(2)

2010-05-23

「お父さん。祝福は一つしかないのですか。お父さん。私を、私をも祝福してください。」エソウは声をあげて泣いた。   (創世記27:38)

 祝福を失う理由は、突き詰めれば一つしかありません。神の御心に従わないからです。◇それにしても、イサクは何故ヤコブへの祝福を取り消さなかったのでしょう。今日では考えられないことです。ヤコブは父イサクを欺いて兄エソウの祝福を横取りしてしまったのですから。詐欺のある約束は無効にすべきです。そして正しい祝福をやり直すべきでしょう。しかし父イサクはそうしませんでした。<身震い>するほど驚いているのに(33)、だまされてなしてしまった祝福をそのままに認めているのです。◇その理由は一つしか考えられません。こうなることが神の御旨であることを知っていたからなのです(25:23)。親としての自分の愛や希望ではなく、神の御旨だけがなっていくことを、イサクは欺かれることによって改めて知ったのです(39,40)。◇しかし私たちは、こうなって行く経緯には、エソウの現実の歩みが裏づけになっていることを見逃してはなりません。ヘブル書12:14~17。神はすべてを見通しておられたのです。エソウには、神を求める者に不可欠な聖さが欠けていました。かえって<俗悪>な生き方で満ちていたのです。彼は長子として生まれたのに、その俗悪さのゆえに、この生まれながらの恵みをまったく意識しませんでした。軽蔑したのです(25:32)。与えられている神の恵みを軽んじる者にどうして次の祝福が続くでしょう。今与えられている恵みは、将来受ける恵みの礎としなければならないのです。◇しかし同時に、祝福を欺き取ったヤコブも、その罪の故に、多くの苦しみを経験しなければなりませんでした。この点も忘れてはならないでしょう。ヤコブはヤコブで、違った意味で祝福を失っているのです。


最近のメッセージ

年月別メッセージ

アクセスカウンター

  • 今日:203   昨日:222
  • Total:215011   Online User: 0