浦和聖書バプテスト教会

《神とのつながり》

2016-02-28

『心を尽くし、思いを…知性を…力を尽くして、あなたの神である主を愛せよ。』
『あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ。』
         (マルコ12:30,31)

 世相を反映しているのでしょうか。この頃やたらに「きずな」とか「つながり」という言葉に出くわします。しかし、ほとんどの場合が人と人との関係で使われており、神との関係を意味していることはめったにありません。それほどまでに、人はもう神とのつながりを考えられなくなっているのでしょう。◇決して、人とのつながりはどうでもよいということではありません。確かにあの大震災以来、それまで希薄であった人と人とのつながりを新たに意識し、取り戻すようになり、それは実に好ましいことだと思います。クリスチャンでなくても、自分を愛するように隣人を愛することの大切さには賛成してくれるでしょう。しかし、それだけでよいのでしょうか。神を愛する心のない人に、はたして隣人を愛することができるのでしょうか。◇他の人のことは分かりませんが、少なくともこの私にはそれは全くできませんでした。主イエスの救いを知らないでいたときには、自分のことしか考えられなかったのです。恥ずかしくなります。変えられたのは、主イエスがこの罪深い自分のために身代わりとなって、十字架の上で神のさばきを受けてくださったことを知ってからでした。Ⅰヨハネ4:9,10の聖句は、私にもぴったり当てはまります。◇今はっきり言えることは、真実の愛で人とつながろうとするなら、先ず神とつながらねばならないということです。愛は神から来ているからです(同4:7)。神とつながり、神の愛を知ってこそ、人とつながることができるのです。自分の現実をありのままに認めねばなりません。何と隣人を愛せないことでしょうか。何と自分のことしか考えられないことでしょうか。自分から出た愛は、実にもろく、壊れやすく、時にはいとも簡単に憎しみに変わってしまうのです。


最近のメッセージ

年月別メッセージ

アクセスカウンター

  • 今日:715   昨日:284
  • Total:268245   Online User: 0