浦和聖書バプテスト教会

《神の救いを受けるために》(1)

2013-01-27

 

しかし、今は、律法とは別に、しかも律法と預言者によってあかしされて、神の義が示されました。(ローマ3:21)

 

神の救いを受けるためには、神の前に義と認められねばなりません。罪ある者は、神の国を相続することはできないからです。では、どうしたら義と認められるのでしょう。◇先ず最初に頭に浮かぶのは、神の戒め(律法)を守って正しい人になることだ、という考えです。これは今日でも、人々の心に根深く残っている考え方です。しかし、聖書はこの考え方をまったく否定しています(20)。この方法で義と認められようとするなら、すべての律法を、しかも完全に守らなければならないからです(ガラテヤ3:10,11)。それができる人はひとりもいません。この点で、全世界は神のさばきに服しているのです。しかも、人はそのさばきに対して、正当な何の弁明もできないのです(19)。◇当時のユダヤ人、特にパリサイ人の決定的な誤りがここにあります。彼らは、人にできないことを為そうとしていたのです。しかも、もっと悪いことに、自分にはそれができていると考えていたのです。これは虚偽以外の何ものでもありません。主イエスが、激しい怒りをもって彼らを責めたのには(マタイ23章)それなりの理由があったのです。私たちは、この誤りを繰り返さないようにしなければなりません。◇<律法によっては、かえって罪の意識が生じるのです。>(20b)。しかし、これは必要なことなのです。律法によって自分が罪人であるということが分かったからこそ、私たちは救い主(イエス・キリスト)に向かうのです。即ち、<イエス・キリストを信じる信仰による神の義>(22)です。人々が何と言おうと、これが神の定めた唯一の救いの方法であり、私たちが救われる方法はこれしかないのです。これを拒むなら、そこに救いがあろう筈がないのです。
音声はこちら


最近のメッセージ

年月別メッセージ

アクセスカウンター

  • 今日:186   昨日:220
  • Total:238634   Online User: 0