浦和聖書バプテスト教会

《私を知っていてください》

2015-12-27

 

神よ。私を探り、私の心を知ってください。私を調べ、私の思い煩いを知ってください。(詩篇139:23,24)

 

すべてを知っておられる神に、なぜこのように祈る必要があるのでしょう。◇多くの人がこのことばを誤解しています。神が自分のことを知らないでいるから、知らせる必要があると考えているからです。全く反対です。これは『自分で自分のことが分からないから、全知全能であられる神様、あなたがわたしのことを知っていてください』というような意味なのです。<私を探り>とか<私を調べ>という言い方にそれがよく表されているではありませんか。皆目分からない将来の自分や闇に包まれてよく見えない自分の今の心を、全知であられる神に知っていてもらうための祈りなのです。◇ですからこの祈りは、自分という存在のすべてを神に委ね、お任せするための信仰による決意の祈りなのです。具体的に二つの事柄が挙げられています。ひとつは<思い煩い>です。実は私たちは、自分でも気がつかない思い煩いを抱え、そのためにわけの分からない不安や恐れにおびえているのです。魂の平安は、全知全能の神にすべてを知ってもらっているという安心感なのです。もう一つは<傷のついた道>(24)です。これも見えているようで見えないものです。否、見たくないのです。<あるか、ないか>と尋ねられたら、多くの人が悠々と「ない」と答えるのではないでしょうか。自分は平安だと思っているのです。◇罪は本能的に隠されるものです。すでに学んだように、エデンの園がそうでした。他の人に対しても、神に対しても、何よりも自分自身に対して隠されているのです。それがどれだけ私たちを苦しめていることでしょうか(詩32:3,4)。私たちは、こういう自分を丸ごと神に知ってもらう必要があるのです。愛の神は、それをしてくださるのです。
※音声なし


最近のメッセージ

年月別メッセージ

アクセスカウンター

  • 今日:203   昨日:222
  • Total:215011   Online User: 0