浦和聖書バプテスト教会

《耳を傾けさえすれば》

2004-05-30

あなたが私の命令に耳を傾けさえすれば、あなたのしあわせは川のようにあなたの正義は、波のようになるであろうに(イザヤ48:18)

 

私たちの主は、私たちの解放者であり、また人生のみちびき手でもあられます。◇イスラエルの民は長いこと異国バビロンの国の捕囚でありましたが、時が満ちて、再び自由の身へと開放されるのです。(14.15)。すでに見てきましたように、これはペルシャのクロスという王によってなされることになります。そしてさらに、開放されたイスラエルは、今度は主のみことばによってみちびかれることになります(17)。主は、<わたしは、あなたに益となることを教え、あなたの歩むべき道にあなたを導く。>と語っておられます。このように、主からの開放をいただき、主にみちびかれていくのが神の民のあるべき姿なのです。◇ところが、現実にはなかなかこのような歩みができないところにイスラエルの問題があり、また私たちの問題があるのではないでしょうか。V18. 19の<・・・すれば・・・であろうに。>という言い方に注意しなければなりません。せっかく主から開放をいただいても、その後の歩みで主のみことばに従わないのです。主のみことばに<耳を傾けさえすれば>、川のようなしあわせと海の波のような正義、真砂のごとき子孫の反映が用意されているのに、主のみことばに従わないために、それを受け損なっているのです。◇信仰生活において恵みの乏しい理由はこれしかないことを覚えねばなりません。決して主の愛が乏しいからでもなく、ましてや救われてないからでもありません。解放者であるみちびき手であられる主の命令に耳を傾けていないのです。 サムエル記Ⅰの有名な聖句を思い起こします。<見よ。聞き従うことは、いけにえに勝り、耳を傾けることは、雄羊の脂肪にまさる。>(15:22)


最近のメッセージ

年月別メッセージ

アクセスカウンター

  • 今日:116   昨日:184
  • Total:215108   Online User: 0