浦和聖書バプテスト教会

《自分をみがく》

2003-03-30

もし斧が鈍くなったとき、その刃をとがないと、もっと力がいる。      (伝道者の書10:10)

 

まず、どうして斧が鈍くなるのかを考えておきましょう。長いこと使っていれば、どんなに精巧な斧でも刃がこぼれて鈍くなります。また、長いこと使っていなければ、錆びついて、やはり鈍くなります。◇いずれにしろ、鈍くなった斧は、そのままでは余計な労力を払わなければなりません。実は、多くの人が、ここに問題を抱えているのです。一生懸命力を尽くしているのに、その労苦の割には成果が生まれない。斧が鈍くなっていることに気づいていないのです。そして「こんなに努力してるのに、神様はなぜ祝福をくださらないのだろう。」と訝しがってしまうのです。人生は真面目に努力していればそれでよい、というような単純なものではありません。鈍くなった斧で力を尽くすがゆえに、かえって疲れ切ってしまうというようなこともあるのです。◇鈍くなった斧は、その刃をとがねばなりません。しかし残念なことに、斧は自分で自分をとぐことはできません。ここに、信仰をもつことの重要な意味があるのです。斧を手に握って用いる方がおられるのです。このお方こそ、斧の真実な状態を知っていてくださいます。刃がこぼれているのか、錆びてしまったのか、あるいは他に原因があるのか。ひとつひとつの斧にふさわしく、その刃をといでくださるのです。◇自分を神様のお取り扱いに任せましょう。斧が自己主張をして「ああしろ。こうしろ。」と、斧を握る者に指図することがあっていいでしょうか(イザヤ10:15)。それは人が神様を動かすことです。斧がその鈍さのゆえに、かえって高ぶりに陥ることもあるのです。信仰とは、自分の全てを全能なる神様にゆだねることです。<あなたの重荷を主にゆだねよ。主は、あなたのことを心配してくださる。>(詩篇55:22)


最近のメッセージ

年月別メッセージ

アクセスカウンター

  • 今日:229   昨日:309
  • Total:237765   Online User: 0