浦和聖書バプテスト教会

《苦難からの救い》(1)

2012-11-25

 

  バビロンから出よ。カルデヤからのがれよ。喜びの声を上げて、これを告げ知らせよ。(イザヤ48:20)

 

この48章には、バビロン捕囚からの救いという実に大きな歴史的出来事が預言されています。主なる神は、苦難の中にいた民に<バビロンから出よ。・・・のがれよ。>と力強く呼びかけておられるのです。◇もし私たちがここに現実的な主のメッセージを聞こうとするなら、それは決してむずかしいことではありません。時代は異なりますが、私たちも今、同じような苦しみの中に閉じ込められているからです。もち論その事由は人それぞれですが、全体的に見て、この時代は今、苦難のうちに閉じ込められているような様相を呈しているのではないでしょうか。私たちは「それが時の流れだ。どうすることもできない。」といって諦めている理由はまったくないのです。◇救い主なる神が<バビロンから出よ。・・・のがれよ>と命じておられるのです。いつまでも同じ苦しみの中にとどまっている理由はまったくありません。イザヤと同時代の預言者ホセア、まったく同じメッセージを告げています(ホセア6:1)。愛とあわれみの主は、必ず解放の時、救いの日をそなえておられるのです。なぜなら「主がそのしもべを贖われた」からです。苦しみの時は終わります。それは過ぎ去るのです。今までもそうでした。これからもそうなのです。◇全能の主がこのように呼びかけておられるのですから、私たちはこれに応えるべきではないでしょうか。<出よ>と言われたのだから出る。<のがれよ>と言われたのだからのがれる。これが主を信頼している者の姿ではないでしょうか。信仰生活は実に単純明快です。主の御ことばに応じて「そうしよう」と意志することです。この志(こころざし)に、今度は全能なる主が答えてくださるのです。バビロン脱出の先頭にたって出て行くのは誰でしょうか。
音声はこちら


最近のメッセージ

年月別メッセージ

アクセスカウンター

  • 今日:715   昨日:284
  • Total:268245   Online User: 0