浦和聖書バプテスト教会

《見ようとしない目》

2002-05-19

あなたは「私には罪がない。確かに、御怒りは私から去った。」と言っている。「私は罪を犯さなかった。」と言うから、今、わたしはあなたをさばく。 (エレミヤ 2:35)

 

何が見たくないといって、自分の罪の姿ほど見たくないものはありません。人は、自分の罪の姿を、他人にも自分にもひた隠しに隠して生きているのです。◇なぜ罪を隠すのでしょう。それは、罪の真実を見ることが耐え難いことだからです。自分の罪の真実を見ることのできる人は、真に勇気のある人です。たいていの人が、「私には罪がない。」と自分に言い聞かせ、生きるためのバランスをとっているのです。イスラエルがそうでした。主なる神は、<わたしに民がわたしを忘れた日数は数え切れない。>(32)と怒っておられるのに、彼らは「私は罪を犯さなかった。」と主張していたのです。◇時には、この偽りの姿が信仰という仮面をつけて現れます。「確かに、御怒りは私から去った。」とは、神の哀れみによる赦しを意味してる言い方です。真実は、主が彼らを懲らしめ(30)、さばこうとしておられるのに(36、37)、彼らは、自分たちは神の赦しの中にいると信じていたのです。こういう偽りの姿が、新約の時代、主イエスの十字架の贖いに対しても行われているのを見ます。十字架を、自分の罪を見なくてすむための方便にしてしまっているのです。◇主は、<「私は罪を犯さなかった。」と言うから、今、わたしはあなたをさばく。>と言われます。今現在、主のこのさばきが、あらゆるところに現れているのではないでしょうか。罪を隠して善を行おうとする人間の義は、あらゆるところに歪を生じさせているのです。箴言のみことばを思い起こさねばなりません。<自分のそむきの罪を隠す者は成功しない。それを告白して、それを捨てる者は、あわれみを受ける。>(28:13)


最近のメッセージ

年月別メッセージ

アクセスカウンター

  • 今日:715   昨日:284
  • Total:268245   Online User: 0