浦和聖書バプテスト教会

《重荷を神にゆだねる》

2012-04-29

あなたの重荷を主にゆだねよ。主は、あなたのことを心配してくださる。 (詩篇55:22)

 

 

ひとことで『人生の重荷』と言っても、様々なケースがあります。◇ダビデの場合は、激しい敵の迫害でした(3)。このために、彼は大変な苦しみの中にあったのです。<死の恐怖が、私を襲っています。>と告白しています。しかも、この迫害から逃れる術もなかったのです(6~8)。さらに加えて、こういう迫害の中で、同輩や親友が彼を裏切って行きました(12~15)。孤独、絶望、死の恐怖。こういう苦しみの真っ只中で、ダビデは、主なる神にすべてをゆだねることを学ばさせられたのです。◇これまで<私>で語られてきた詩篇が、v22で<あなた>という呼びかけになっていることに注意しなければなりません。ダビデは自分の重い経験を通して得た貴重な学びを読者に勧めているのです。彼は、苦しみを通してひとつの確信に至っています。それがv22後半のことばです。彼は、自らの罪の故に苦しんだのではありません。また、敵の激しい迫害の中で苦し紛れに罪を犯してしまったのでもありません。どんな時にも、主の前に正しい在り方を貫き通したのです。その結果の確信がv22のことばです。◇私たちの現実の姿について考えさせられるではありませんか。私たちは、ゆだねられないから罪を犯すのです。加えて、罪を犯してしまうからさらにゆだねられなくなってしまうのです。人生が悪循環を繰り返すときは、こんな風に恵みから堕ちてゆくのです。信仰によってゆだねることは、この悪循環を断ち切ることなのです。<主は決して、正しい者がゆるがされるようにはなさらない。>この確信にたって、どんな苦しみに中でも、どんな理不尽な重荷を背負わせられても、主なる神の前に正しく在り続けること、これがゆだねる者の姿なのです。アーメン。

音声はこちら


最近のメッセージ

年月別メッセージ

アクセスカウンター

  • 今日:186   昨日:220
  • Total:238634   Online User: 0