浦和聖書バプテスト教会

信仰義認 ~アブラハムの例から見る~

2017-05-26

神には約束されたことを成就する力があることを堅く信じました。
だからこそ、それが彼(アブラハム)の義とみなされたのです。

聖句:ローマ4:21-22 奨励者:川島 実成

信仰義認ということばがあります。これは、信じる者を神が義と認めてくださり罪が赦されるという意味です。では、何を信じればよいのでしょうか?その点をアブラハムの例から教えられます。
信仰の父であるアブラハムは、75歳の時、神の召しを受けて、カナンへ向かいました。ところが、一向に子どもが与えられません。神は星の数ほど子孫を与える(創世記15:5)と約束したのに、妻サラとの間に子どもは与えられなかったのです。しかし、神は何と100歳になった時、イサクが生まれるという約束のみことばを語りました。その時アブラハムは「そんなことが起こるはずない」と笑ったのです(創世記17:17)。これが、常識的な人の判断です。年配になって子どもは生まれないのです。しかし、彼は、この約束を信じました。神には不可能なことはないというみことばを信じたのです(創世記18:15)。こうやって神はアブラハムを義と認めてくださったのです(22節)。
すなわち、信仰とは神の語られた約束(みことば)を素直に信じることなのです。たとえ信じられない、笑ってしまうことであっても、疑わないで信じることが信仰なのです。そして、私たちにとっての神の約束とは、神のことばである聖書です。聖書は、主イエスが私たちの罪のために十字架で死なれ、実際に肉体を持ってよみがえられた事実を伝えています(25節)。さらに、主イエスを死者の中からよみがえらせた方を信じる者を義と認めてくださると伝えています(24節)。このような、神の約束を信じた者だけが、罪が赦され、義と認められるのです。それは、救われて天国へ入れることを意味するのです。
ですから、私たちもアブラハムと同じように、神のみことばを真実と信じるならば救われるのです。これが、昔も今も変わらない信仰義認なのです。あなたはもう信じて救われているでしょうか。


最近のメッセージ

年月別メッセージ

アクセスカウンター

  • 今日:172   昨日:125
  • Total:183784   Online User: 0