浦和聖書バプテスト教会

特別伝道集会

2013-05-26

 

求めなさい。そうすれば与えられます。捜しなさい。そうすれば見つかります。たたきなさい。そうすれば開かれます。 (マタイ7:7)

 

これは主イエスの語られた有名なみことばです。言うまでもなく、主イエスも、神様を求めることを強く勧めておられるのです。◇聖書の他の箇所には、こんなことばも出てきます。<これは、神を求めさせるためであって、もし探り求めることでもあるなら、神を見出すこともあるのです。確かに、神は、私たちひとりひとりから遠く離れてはおられません。>(使徒17:27) 神様を求めること、これは神様を知る上で欠かせない姿勢と言えるでしょう。◇ところが正直なところ、私たちの心の中には神様を認めたくない思いもあるのです。<愚か者は心の中で「神はいない」と言っている。>(詩14:1)という聖書のことばもあります。心の中には、一方においては「神様を知りたい」という願いがありますが、他方においては「神様なんかいない」という思いもあるのです。こういう矛盾したものを抱えているのが罪人の真の姿と言えるでしょう。もち論、神様を否定する者に神様が分かる筈がありません。神様は、求める者に現われてくださるのです。◇同じ詩篇の中に、おもしろい告白が出てきます。<あなたは、恵み深い者には、恵み深く、全き者には、全くあられ、きよい者には、きよく、曲がった者には、ねじ曲げる方。>(詩18:25)とあります。これに付け加えて、自分の心の状態をそのまま羅列してもよいかも知れません。「求めない者には、現われない方。求める者には、現われてくださる方」とです。大切なことは、自分の心をどちらに定めるかでしょう。私たちは、自分の心に対して責任を負っているのです。心に動かされてしまう者ではなく(気持ち・感情)、かえって、心を動かす者でありたいものです(意志)。

第1回集会の音声はこちら

第2回集会の音声はこちら


最近のメッセージ

年月別メッセージ

アクセスカウンター

  • 今日:203   昨日:222
  • Total:215011   Online User: 0