浦和聖書バプテスト教会

6月, 2017年

「信仰によるいやし」

2017-06-25

イエスは深くあわれみ、手を伸ばして、彼にさわって言われた。「わたしの心だ。きよくなれ。」

聖句:マルコ1:41 奨励者:川島 実成

ツァラアトに冒された病人は、本来、一生そのままでした。けれども、そこからいやされているのです。何故なのでしょうか?
この病は、祭司に「汚れている」と宣言される病でした(レビ記13:3)。これは、「病気=罪」という意味ではありません。けれどもさわればうつると考えられ、病人は郊外に隔離され、一般的に死人と見なされたのです。そして、病がいやされるのは死者が復活するようなものだと考えられていました。けれども、このような中にあっても、病人はイエスの評判を聞いた時、真っ先に会いに来たのです。ここに彼の信仰があるのです。彼はイエスにはいやす力があると完全に信じました。これは、医者のように病をいやせる人として信じたのではありません。間違いなく神の御子であると信じたのです。だからこそ、ひざまずいて〈お心一つで、私はきよしていただけます。〉(40節)と言うことができたのです。
イエスはこの信仰に対して、①深くあわれみ、②手で汚れた部分をさわり、③みことばを持っていやされました。人々がさわればうつると考えていたのに、あえて病にふれていやされたのです。これが、イエスの愛なのです。何もこれはこの病人に対してだけではありません。罪という病にかかり、死を迎えるしかない私たちに対しても同じようになさるのです。イエスは信じる者の罪という汚れた病に手をふれてその罪を担い、変わりにご自分のきよさを信じる者に与えてくださるのです(ローマ5:18-19)。そして、〈わたしの心だ。きよくなれ。〉(41節)とみことばを持っていやしてくださるのです。これが十字架でなされた御業なのです。
イエスはご自分を信じる者をこのように愛し、その罪を引き受けてくださるのです。こうやって、人間は罪という病からいやされて、死から救われるのです。このような唯一無二の救い主を信じて、罪という病から救われましょう。

「忙しさの中で祈る意味」

2017-06-18

さて、イエスは、朝早くまだ暗いうちに起きて、寂しい所へ出て 行き、そこで祈っておられた。

聖句:マルコ1:35 奨励者:川島 実成

現代人クリスチャンは非常に忙しく祈りが失われています。しかし、主はそうではありませんでした。二つの点が教えられます。
第一に、主イエスは忙しいからこそ祈りました。イエスの評判はカペナウムで日に日に広がり、人々は夜でもイエスを訪ねています(32節)。イエスはそんな人々の病を癒し、悪霊を追い出しました。病院のように、次から次へと患者を診るわけにはいきません。一人一人と関わりを持たなければならないのです。非常に多くの時間がかかったでしょう。それは主が言われた通り、枕する所もないほどの忙しさでした(マタイ8:20)。けれども、そうした忙しさの中で、イエスは朝方寂しい所へ出て行き一人で祈っているのです。それは、弟子たちが迎えに来るまで続きました。私たちはこの姿から教えられるのです。クリスチャンは、忙しい時にこそ祈るべきなのです。
第二に、主イエスは祈りの中で使命を確認しました。弟子たちがイエスを迎えに来たのは、人々から要求があったからです(37節)。本来、需要と供給の関係で考えるならば、需要があるのです。ここに留まって働くのが「世のため人のため」なのです。しかし、イエスは忙しい中で祈り、父なる神からご自分の使命を確認し、別の判断をしたのです。それが〈別の村里へ…福音を知らせよう。わたしはそのために出てきたのだから。〉(38節)なのです。イエスの使命はイスラエルの失われた羊に福音を宣べ伝え(15:24)、最終的には人類の罪を贖うことです。そのために、先ずガリラヤ全土へ福音を知らせる必要がありました。そうやって、祈りの中で使命を確認し、民の需要に答えるよりも、父なる神から与えられた使命に従ったのです。
忙しいから祈れないは、主イエスの姿からは見られません。私たちクリスチャンは忙しいからこそ祈るのです。そうやって祈る時に、神からの使命が示され、今やるべきことを間違えずに、真っ直ぐに歩むように導かれるのです。

特別集会「キリストの良き知らせ」

2017-06-11

私は福音を恥とは思いません。福音は、ユダヤ人をはじめ ギリシヤ人にも、信じるすべての人にとって、救いを得させる神の力です。

聖句:ローマ1:16 牧師 川島実成

今回の特別集会は、「キリストの良き知らせ」というタイトルで準備をしました。良き知らせとは「福音」という意味です。講師の佐藤師はプロフィールにある通りに、アフリカで福音を宣べ伝える働きなさった特別な経歴を持つ先生です。そんな先生から、キリストの福音についてお話して頂きます。キリストの福音は、本当にユダヤ人にも、ギリシャ人にも、アフリカ人にも、日本人にも、救いを得させる神の力なのでしょうか?元宣教師の佐藤師を通して、 キリストの福音に耳を傾けて、真剣に考えて頂けたら感謝です。

講師:佐藤一彦 牧師(太田聖書バプテスト教会)プロフィール
中学三年生の時に友人に誘われ教会に来てイエス様を信じ救われる。高校時代に将来の働きについて、聖書を宣べ伝える宣教師に導かれていることを確信する。
その後、日本バプテスト聖書神学校に入学し、在学中にアフリカ(ウガンダ)が宣教地と示される。日本の神学校を卒業した後に結婚する。その後、アメリカの神学校で宣教師としての具体的な学びをする。
卒業後、北九州BBCで牧会の経験を経て、滝山BBCよりアフリカ・ウガンダに遣わされる。17年間の宣教活動を通して4つの教会を建設し、現地指導者、牧師に働きを引き継ぐ。現在は、群馬県太田市にある太田聖書バプテスト教会の牧師として働いている。

「問題を通して変えられる」

2017-06-04

イエスは、彼女に近寄り、その手を取って起こされた。
すると熱がひき、彼女は彼らをもてなした。

聖句:マルコ1:31 奨励者:川島 実成

ペテロのしゅうとめが熱病になった時、彼女はどのようにその問題から解放され、どのように変えられたのでしょうか。
第一に、人々はイエスに問題を知らせたという点です。人々は深刻な問題を直ぐにイエスへ知らせました。実は、伝えたのは本人ではなく、家にいた〈人々〉(30節)です。ですから、大切なのは周りの人がイエスに伝える(祈る)ことなのです。本人は祈れないほど苦しんでいる場合が現実にあります。これが、現代の教会(兄姉)に必要なことなのです。問題を隠すのは得策ではありません。
第二に、イエスが問題を解決されたという点です。人々から問題を聞いた時、イエスは自らしゅうとめが寝ている場所へ行って、〈彼女に近寄り、その手を取って起こされた。〉(31節)のです。彼女からイエスへ近づいたのではないのです。彼女は依然として倒れて苦しんでいました。イエスはそんな彼女を憐れんで、関心を持って近づかれたのです。そして、イエスの方から手を差し伸べて手を取り、神の力を持って病を癒されたのです。主イエスはこのように私たちを愛して、問題を解決してくださるのです。
第三に、しゅうとめは問題を通してイエスに仕える者へと変えられたとう点です。本当に苦しみから解放された時、彼女の心に生まれたのは「神への感謝」でした。だからこそイエスに仕えたのです。〈もてなす〉(31節)とは、「(教会へ)仕える」と同じ言葉です。イエスによって解決を得た彼女は、へりくだって神に仕える者へと変えられたのです。神への感謝は人を変えるのです。
問題の解決は、愛兄姉の祈りと主イエスの働き以外にありえません。私たちは、愛兄姉のために祈っているでしょうか。また、問題が解決した時、主イエスに感謝しているでしょうか。感謝がなければ、仕えることはできないのです。もしかしたら、今の私の苦しみは主イエスへの感謝を持つための試練なのかもしれません。


最近のメッセージ

年月別メッセージ

アクセスカウンター

  • 今日:138   昨日:339
  • Total:174633   Online User: 1